読み込み中

幼稚園・保育園のダンス教室・ダンサー派遣ならhow to flyダンスアカデミー

よくある質問  お問い合わせ

htfダンスアカデミー

コラム

【第4回】レッスンのはじまり②  〜こんにちは!私がみんなの先生です!〜

【第4回】レッスンのはじまり② 〜こんにちは!私がみんなの先生です!〜

こんにちは。出張ダンスレッスンhow to flyダンスアカデミーです。

 

前回の記事では、レッスンのはじまり①〜スピード勝負!「えーと」は言わない〜をテーマにお話しさせていただきました。

 

今回はレッスンのはじまり②〜こんにちは!私がみんなの先生です!〜をテーマにお話しさせていただきます

 

ん?ちょっとわかりづらい?

 

そうですね。

わかりやすく言うと、「挨拶先生への意識向け」でしょうか。

 

私はこの「挨拶先生への意識向け」をとても大切にしています。

 

挨拶が大切なのはなんとなくおわかりいただけると思います。

大切にしていると言う方も多いと思います。

 

ただ、ここで言う挨拶とは、会った時やすれ違う時にする挨拶ではありません。

学校の授業を思い出してください。

号令ってやりませんでしたか?

そうです、日直や号令係がかける「気をつけ、礼」のやつです

 

ここでの挨拶は、号令に近いかもしれません。

 

これからダンスのレッスンが始まる!という気持ちの切り替えをするものになります。

 

授業の始まりに行う「これから〇〇限目の授業を始めます、気をつけ、礼」の号令

 

私のレッスンはいつも、必ずみんなが体操座りになり(おやまずわ)、一旦気持ちを落ち着かせてからスタートします。

 

慣れている子たちは、「始めるよー」と声をかけると、すぐに座って挨拶の準備ができますが、初めて訪れた保育園や幼稚園、体験の子がいる場合はその号令すらも面白くしなくてはいけません

 

・・・例えばこんな感じ。

 

(みんなが座ったら・・・)

「お背中シャキーン!ダラ〜ン。シャキーン!ダラ〜ン。シャキーン!ダラ〜ン。シャキーン!シャキーン!シャキーン!さぁ、誰が一番背が高いかな?はい!こんにちは!」

という具合に、ちょっと遊びを入れています。

 

挨拶までが少し長く感じるかもしれませんが、このシャキーン!ダラ〜ンの時間が、実は、「これからみんなの目の前にいるこの大人が、みんなの先生ですよ!お話聞いてね!」という先生への意識向けにつながっていると考えています。

 

レッスン前に意識がいろんなところにいっている子どもの興味をこちらに引きます。

 

挨拶一つで頭を切り替えろというのは、幼児には難しい話です。

 

同時に、ただ挨拶をするだけで、子どもたちはその後のレッスンに期待できるかどうか

(その後のレッスンの期待については前回の記事をご覧ください)

 

逆に、ここで子どもたちの心を掴めば、こっちのもんです()

 

私はここにもう少し意識向けと期待を加えて、少し雑談の時間を作ります。

 

この人の話を聞く時間だと意識を向けさせても、それが楽しいかどうかも重要。

 

例えば「今日寒いね〜、お外雨降ってたー?」とか、「先生朝○○食べたんだけど、みんなは○○好き?」とか。

 

もうここは歌のお兄さんお姉さんの気分で()、「この人の話、面白そう!」と思わせます。

 

さぁ、意識向けはバッチリ!

では早速レッスンスタート!

 

と、いきたいところですが、もう一つ、レッスンの始まりで大切にしていることがあります。

 

それは、子ども自身が「参加している!」と感じられるということ。

 

学校の授業などはどうしても受動的になりがちですが、みなさん、思い出してください。

 

なぜ、文部科学省がダンスを必修にしたのか

 

ダンスは、(中略)…「現代的なリズムのダンス」で構成され、イメージをとらえた表現や踊りを通した交流を通して仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視する運動で…()

 

そうです。

表現・コミュニケーション

が、大切でした!!

 

受動的なレッスンで、表現することやコミュニケーション能力を身につけることができるでしょうか。

 

ちょっとイメージしづらいですよね。

 

これはレッスンの始まりだけにとどまらない話ですが、レッスンを受ける子どもたち自身が主役なんだということが大切です。

 

進めていくのは先生ですが、あくまでも舵取り、イベントで言うとMC、司会進行役です。

 

主役は子ども、先生は進行役

 

ただし、好き勝手にやって良いというのはまた話が違ってきます。

あくまでも進めていくのは先生。

そこは譲ってはいけません。

かと言って、先生が一方的に教えるだけのレッスンは、やはり表現力やコミュニケーション能力を身につけられるようには思えません。

 

実はちょっとした心がけで、子どもが主役で、かつ表現することやコミュニケーション能力を育くむレッスンになります。

 

さて、どんなことでしょうか。

 

次回はレッスンのはじまり③、子どもが主役のレッスンのはじまり、についてお送りします!

Categoryカテゴリー

Backnumber過去の記事

ちょっとしたことでもお気軽にお尋ねください

資料請求・お問い合わせ

まずは無料トライアル!お気軽に問い合わせください!

03-4455-7526

フォームより問い合わせ

幼稚園・保育園のダンス教室・ダンサー派遣ならhow to flyダンスアカデミー